TOP

ワンダープレイス熊取町野田

TOP > KIDS SUPPORT

熊取町の子育てサポート 熊取町の子育てサポート

保育所の待機児童ゼロ
熊取町では、保育所の待機児童ゼロを継続しています(2018年4月現在)。保育所では家庭的な雰囲気を大切にしているほか、民間保育園では午後10時まで延長保育を実施するなど(一部の保育所)、共働き世帯にうれしい体制が整っています。
ファミリー・サポート・センター事業
熊取町では、子育てを手伝ってほしい人と手助けができる人を結ぶファミリー・サポート・センターを開設し、子育て援助体制を強化。生後約2カ月から小学6年生までの子どもの保護者を対象に、保育所や学童保育所の送迎、外出や病気の際の預かりなどを依頼でき、子育ての負担軽減を図れます。
学童保育所は小学6年生まで
各小学校区に1カ所の学童保育所を設置。保護者が共働き、父子・母子家庭、疾病・出産・就職活動中などで保育を必要とする小学生(1~6年生)が対象。保育時間は学校終業時から午後6時までが基本で、午後7時までの延長も可能です。
ホームスタート事業、ブックスタート&フォローアップ
熊取町では、就学前の乳幼児のいる家庭をホームビジターが訪問し、子育てに不安やストレスを感じている家族を支援するホームスタート事業を関西で初めて導入。また、絵本を開く愉しさを赤ちゃんに届けるブックスタートも採り入れ、4カ月児健診時に絵本をプレゼント。それ以降も、子どもたちへの読み聞かせやわらべうたを愉しむ行事など、さまざまなフォローアップが実施されています。
赤ちゃんの駅
熊取町では、乳幼児連れの保護者が、外出中におむつ交換や授乳のために気軽に立ち寄れる場所を「赤ちゃんの駅」として公共施設や民間施設に設置し、スペースなどを提供する子育て支援事業を行っています。
本庁舎/熊取ふれあいセンター/教育・子どもセンター/中央保育所/東保育所/西保育所/南保育所/北保育所/煉瓦館/熊取図書館/ひまわりドーム/駅下にぎわい館/永楽ゆめの森公園/池田泉州銀行熊取支店/さくらこども園/アトム共同保育園/つばさ共同保育園/ハウスドゥ!熊取・泉佐野北店/トヨタカローラ南海株式会社熊取店/特定非営利活動法人地域支援センターくまとりロンド事務所/じゃんぼスクエア熊取/すみれ保育園

町全体でしっかり見守り。 町全体でしっかり見守り。

地域で取り組む「子ども見まもり隊」
熊取町では、PTAや地域の方々の自発的な意志により、ボランティア活動として取り組む「子ども見まもり隊」が結成されました。児童・生徒の登下校時に自宅前や自宅近くの交差点などに立って見守ったり、犬の散歩や買物の途中に見守ります。2018年4月末現在、236名の住民の方が協力されています。
児童の登下校を確認できる学校防犯システム
町立小学校の通用門に、学校防犯システムを導入。校門に設置したビデオカメラとセンサーにより児童が校門を通過すると携帯しているICタグが感知し、職員室のサーバーに通過時刻とその時の映像が記録されるシステムです。これにより、万一不測の事態が起きた場合も、いち早く対応することができます。
児童を見守るスクールガード・リーダーを全小学校区に配置

子どもたちの学びを支える充実の教育環境。 子どもたちの学びを支える充実の教育環境。

できたてを提供できる給食場を各学校に設置
すべての町立小・中学校において、学校給食を各学校で作る単独調理場方式で行い、児童・生徒に安全な食材で温かくておいしい給食を提供。地元の旬の野菜を積極的に使うことで、地産地消も実践しています。
充実した学校の施設・設備
●全小・中学校にエアコン設置
●全小・中学校のトイレの洋式化を推進
●全小・中学校にプールを設置
●全ての中学校に武道館を設置
●町立小・中学校施設の耐震化率100%
●全小・中学校に学校図書館に図書館司書を配置
少人数指導や習熟度別授業の充実
すべての町立小・中学校では、児童・生徒一人ひとりに応じた指導を充実させるため、算数・数学・英語などの授業において、少人数学級または習熟度別学級を編成して指導しています。分割方法は、1クラスを2分割、2クラスを3分割、3クラスを4分割などです。
全小・中学校にALT(外国語指導助手)を配置
外国語(英語)によるコミュニケ―ション能力の育成のために、全小・中学校にネイティブスピーカーのALTを配置。中学校には各校に1名配置し、週5日勤務としています。小学校には週2~3日配置し、3~6年の外国語科および外国語活動の助手として勤務しています。